人生は奇跡だ、たとえ最悪な日でさえ。byポールスタンレー


 

 

 

 

 

 

6月になりました☆★

もうすぐ梅雨入りだそうですが、個人的には毎日気温が高くて気分最高です。

さて、皆さんご存知KISSのフロントマン、ポールスタンレーが先日アメリカの大学の卒業式でスピーチをしたそうです。

ロックボーカリストがスピーチなんて、アメリカってとってもファンキー。

その中で学生に語った内容を見つけたので一部だけ。

『自分の人生を満喫し、自分のやってることを誇りに思え。

一日の終わりに、鏡に映った自分を目にしたとき、好きでいられるようになれ。

前に進み続け、素晴らしい人生を手に入れろ!

そしてこれだけは覚えていてほしい。

たとえ最悪な日でさえ、人生は奇跡だ!』

彼は生まれつき右耳がなく、聞こえない障害を持っています。バンド全盛時代でも、周りに蔓延するドラッグに手を出さなかったそうです。

彼の強さ、マインド、生き方にシビれます(°▽°)

そんなわけで、今日もロックに営業中〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です